包茎の手術について

包茎は、仮性包茎、真性包茎、カントン包茎の3つのタイプがあります。真性包茎やカントン包茎の場合生活に支障をきたしたり病気を引き起こす可能性が高いため、病気とみなされ保険の適応内となることもあり、手術をする場合には保険がききますので1万円〜4万円ほどの実費で済みます。ですが、保険が適応されないこともありますので、その場合は20万円ほど料金がかかることもあるようです。

ただ、仮性包茎の場合、勃起時には包皮がむけて亀頭が出現することから生活に支障をきたす事がほとんどないため、保険の適応外となってしまうことが多い傾向にあります。見た目的な問題があって手術や治療を望まれる方が大半のため、保険での治療が難しいですので治療における費用や料金はすべて実費となることを覚悟しておいた方が良いでしょう。

包茎の手術を行う際は、泌尿器科及び専門のクリニック、美容外科等で行うことができます。保険が適応される手術の場合、どこの医療機関でもさほど料金に変わりはありませんが、保険が利かない治療となってしまった場合には料金にかなり差が生じてくることもありますので良く調べた上で治療や手術を行っていくことが大切です。仮性包茎の手術にかかる料金は8万円〜20万円程度とされていますが、あくまでも目安ですので参考までに覚えておくと良いでしょう。手術の方法や料金など詳しいことはまず、包茎の手術を行っている医療機関に問い合わせて相談をすることをお勧めします。